東京で私は出会いの意味を感じました

繰り返す生命の東京を思います。

季節の風の中で、私は論理ではなく私の心で生きているという意味を感じました。

私には何もありませんが、それで東京です!

地球上で暮らし、日本で生まれてよかったです。

遠藤道郎が亡くなったことを思い出しました
東京 出会い

それは「東京」と呼ばれる映画でした、しかしタイトル名は私に別の悪い映画を思い出させました

山本雅史の16 mm処女作品だったと思います

80年代の空の空気が夜に新宿の街に詰め込まれました

多分私は私が幸せを感じることができないことを否定的な感情だけを吐き出しています…

とげのない女の子は火葬場から人間の骨を拾います
奇妙なものだけを集めて路上で商売をする

覚醒剤中毒の男がライブ直後にズキズキと血を流して床を転がしてみちろ

東京では、男爵の男児が同性愛者の祖母に絞られ殺されながら犯される

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です