鶴岡の出会いはあじさいの道で

職場のレンガテラス。
舗装に面した30メートルは私の領土です。
今、鶴岡の出会いと歩道の間に、アジサイは人の高さ程度です。
あじさいの道のようです。

鶴岡の出会いは暑いでしょう。
ボウルごと、花ごと、花ごとに、
声を出しながら雨滴の水を落としなさい。

1露、4リットル、いっぱい。これで十分ですか?

うーん?それは代替品です…

まあ、それは今いっぱいです。
根が引き継がなければ、
葉と花のつぼみに水を正しく入れます。

鶴岡の出会いから声を出さないでください。
そんなことをしながら、作業スケジュールを尊重します。

後ろに
あじさいは美しく、通り過ぎる女性は話す。
その言葉は私に栄養の水が注がれているようなものです。

美しいものを美しくする心
私はいつでもそれを失うことは決してないだろう。
そして。
私は美しく感じたことと口から発したことを言葉で話します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です