彼女を不快におもう鶴岡のママ活

私自身と猫について

怖いです。

しかし、そのような話

 

https://www.nikukai.jp/yamagata-mamakatsu/#heading2

 

どこに話しかけたらいいのかわからない。

不快に感じながら

来たる猫と来たる猫を悼み続けました。

それは約2年間続きました。

──────────────

ある日、仕事帰りに

駅構内を歩くとき鶴岡のママ活

私はすれ違うときに腕をつかんだ。

自分より少し年上らしい女性

「ねえ……大丈夫?」

病気ではない

突然のことに驚きました。

彼女は私を睨む女性として私を嫌っている鶴岡のママ活

彼女は独り言を始めます。

彼女は聞くことができませんでした、

彼女は新しい宗教の勧誘だと思いました。

♀「どうしたの?」

* “私は病気ではありません

ご心配いただきありがとうございます”

♀「わあ、知らない…」

*「本当に大丈夫です

私は少し疲れています…」

女性は私をコンコースの端に置きます

彼女は不審に、真剣な表情で話し始めました。

♀「あなたが私を信じられるかどうかわかりません

これは言うのは難しいですが…あなたに

私は動物の精霊をたくさん持っています

あなたは本当に気づいていませんか?

鈍感な人でも理解できます。 「」

*「申し訳ありませんが、わかりません。」

♀「お祈りが必要です」鶴岡のママ活

*「それは恨みですか、それとも彼女ですか?」

彼女は尋ねると泣き始めた。

彼女は怖くなかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です