鶴岡の出会い掲示板は時間の経過とともに変化していく

言葉で表現しようとするときのコミュニケーションの仕方は、時間の経過とともに変化していくと感じています。
もはや鶴岡の出会い掲示板な考えではないと思います。

「伝える方法」「鶴岡の出会い掲示板」

鶴岡の出会い掲示板
人が違うと違うと感じました
知り合いのMさんはパソコンにはあまり興味がなく、10日に1回しかメールをチェックしていないようです。

2回
半月ほど前、何かしらのことがあったのでMさんにメールを送りましたが、今日ようやく返事が来ました。

次のように書かれています。

2回
「メールありがとうございます。読んだ直後、こんな返事を書いています。」

2回
鶴岡の出会い掲示板です。

しかし、誠意を捨てることができなかったので、返事を書かざるを得ませんでした。

2回
“お返事ありがとうございます。”

2回
驚くことではありませんが、これはおそらく私の心が狭いためです。

それは正しい。
脂溶性と水溶性の香りの説明が少し面白かったので…
香りの中で極性のないものは脂溶性!
は興味深い

油にも極性はありません。
無極性のオイルと香りを使うしかないのでしょうか?
なじみがある(笑)
お互いに害がないので?

鶴岡の出会い掲示板、水溶性と水溶性の香りには、正と負の極性があります。
たとえば、水の負の極性と正の香りが互いに引き付けられ、親しみやすくなります!
私が持っていないお互いの魅力に惹かれて…?

それは人間関係につながりますか?
どうですか? (笑)

世界を見渡してみると、たくさんの人がいますよね?

脂っこい、きちんとしたタイプの人間