不可能な鶴岡の出会いに疲れました

“どこに行くの?”

「不可能だと思う」

“何?”

“鶴岡の出会いは疲れました”

私に‥
私はそのような出会いから人々を愛することはできません

あなたが尋ねれば
鶴岡の出会いは私が最近私の友人に報告するのに使用した写真を見ました
友達に見せて
紹介したいと繰り返し言われました
感謝していると言えばいい話です

「どんな絵だった?」

しかしながら‥
何もしない
室内で自分撮りした写真

若い!
途方もない若者!
若すぎる!

それは私を幾分悲しく感じさせる
私の若い絵
鶴岡の出会いはそれが3年前だったことを覚えています

友達に

「3年前に断ったことはあり得ない」

サイトに登録しなかった場合
私は彼が自撮りしなかったと思います
私は写真が嫌いです

PCフォルダを見たなら
素晴らしい自己描写功績
恥ずかしかった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です