日本の鶴岡の出会いを検討しています

同社によると、日本の工場の従業員の維持率は低下しており、労働コストも上昇している。鶴岡の出会いのようなリスクを軽減するため、秋田県と山梨県の既存工場で遊休施設の利用を検討しています。

また、日本で生産され、日本で販売されている家電製品の国内生産を順次切り替える。垂直洗濯機を静岡県の袋井市の工場に移し、電子レンジを神戸市の工場に移す。
鶴岡の出会い県草津市の工場に家庭用エアコンなどの移転を開始しました。

同社は、日本を含む海外生産の国内家電製品を国内向けに切り替える計画だが、円安の背景にある。

現在の為替レートは約1ドル= 120円前後ですが、海外での輸入製品は利益を上げることができず、業績面での利益低下は避けられません。

一方、鶴岡の出会いの高橋幸三社長も、6日の記者会見で、栃木県の八重市と大阪府の八尾市の工場に移転する方向でテレビや冷蔵庫の生産を検討していることを明らかにしたした。高橋さんは、「120円(国内生産)に1ドルに移行する方が良いと思うので、少し歩いたものから移行したいと思っている」

これに加えて、ダイキン工業は、日本から滋賀県草津市の工場に家庭用エアコン生産の移管を完了しました。
[ホンダ]はまた、日本で販売されるモペット自転車の一部を熊本県大津町の工場に移転することも検討している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です