鶴岡の出会いをほとんど克服した

他の部分については、私は人々と関連することにうまくいかず、それを負担と考える。鶴岡の出会いは大学でバトルカレッジを持っていることでほとんど克服したと思っていましたが、まだ私が外から帰ってきて私自身になってしまったら、私は不合理だと思ったようです。それは逆のようですが、人との関係の傾向について話すと、それは「人間を嫌う博愛主義者」です。人々は善良な人であり、人間に不都合なことはないように生きています。私は不必要な派閥をしないように注意しています。鶴岡の出会いの部分はフィラシズムです。一方、私たち人間自身が人間ではないということを否定することはできません。そんな人に興味のある人はあまりいないと思います。だから私は相手に何かを欲しいと誇りに思います。

イメージは非常に真剣に反映されていますが、子供のように無邪気で笑っています。
私は自分自身のペースで働いていて、リラックスしたアフタヌーンティーを楽しみ、時折静かなカフェで飲む。私は音楽を聴き、庭で野菜やハーブを育てます。豊かな人生を一緒に楽しむことができる人がいるのは楽しいことです。
20代から70代にかけて、幅広い関係があり、トピックが豊富だと言われていますが、結ばれている特定の男性はいません。
私はキリスト教の環境で育ったが、自分の神との対話を楽しんでいる。
鶴岡の出会いはテレビをあまり見ない。たとえそれが有料チャンネルセンターであっても。それは社会的、外交的ですが、内容なしでは関係を拡大しません。
霊性が現実のレベルに反映されている人は良いです。
私は居酒屋が好きですが、エレガントな料理の喜びは静かです。人格は友好的ですが本物です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です