私は鶴岡の出会い掲示板を望んでいます

彼女は「私はここにいる」と叫び、二人でワゴンの鶴岡の出会い掲示板を開けて荷物を滑らせた。
ブーツを履いたジャージ姿のジちゃんとタマコが並んで座って、コーヒーを飲みながら「みたらし団子」を食べます。

ああ、それは秘密からほど遠い健全な関係ではありません。

浮気(嘘)を許されているような気がする

鶴岡の出会い掲示板

今日、私はとうもろこし畑の鶴岡の出会い掲示板を任されました。

彼女は、土の黒いビニールシートをはがし、死んだトウモロコシの根を取り除くことを望んでいます。

私はフィールドワークがあまり好きではないので、鍬を使ったことがありませんが、最善を尽くします。

彼女は私にそれをする方法を教えて、黒いビニールをはがし始めました。

ジちゃんは別の分野で草を引っ張っています。

風の強い時期で、とうもろこしが落ちないように土がたくさん覆われていたので、「ウィンドウホー」で軽く土を後退させます。
鶴岡の出会い掲示板、彼女の手で少しずつビニールをはがしました。

一見すると、5つの建物に約10本のトウモロコシの根が並んでいます。
時折、青々とした雑草を栽培します。

ビニールをはがした後、とうもろこしの根元にある「びなか鍬」を刺し、レバーを使って根を深く掘りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です