出会いの話ができる人は東京にはいないのでしょうか

そんな話ができる人はいないのでしょうか。
1992年頃
出会いに隠れていたとき

いつものように、私はその日に住んでいます
出会いは極度の貧困の中で暮らしました

ある日の午後
地元の電気店でオーブントースターを詰めようとしていたとき

テレビから甲子園ゲーム放送を聞いた
アナウンサーは最後の打者がねばねばしていると言います

もっとよく聞くと
最後の打者は幼なじみだった

ショックでした

パンクロックを初めて聞いた頃(笑)

出会い、私は打ちのめしてゲームを終了しました
負けましたが友達が輝いていた

私も真剣に戦っていました
哀れすぎる自分への完全なノックアウト

世界に何か奇妙なことがあるようです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です