孤独な風が吹いていた東京の出会い

風を切る…

切り捨てられる

東京の出会い裸で体験したいです。

レインバッカロ~~~(*”>д<)”

と言ってみましたw
さて、はい、ずっと昔、私が子供の頃。

天気予報は現在ほど正確ではなく、しばしば間違っていました。まだ、気象庁長官が国会に電話をかけて求め、「相手は空中だから」と戸惑うような話でした東京の出会い

ですから、晴れの予報ですので、傘を持ってこないと雨が降ることが多かったです。子供たちは大会社の玄関先にいて、母親が傘を持って来るのを待っていました。

母と傘を持ってわざと水たまりを踏んで水しぶきを投げて帰るのが楽しかった。

もちろん歌う曲は「あめふり」。

東京の出会い♪あめあめふれーふれーむ母ちゃんが目で迎えに来てくれて楽しいです。

「プドプール」を歌った曲はたくさんあります。

♪また胸に水たまりがありました
夜になると東京の出会い
この胸は彼が恋しい
私は孤独な男です
(小林あさひ「水たまり」1984)

この曲では、1番目の前の行、1番目と2番目の間の行が歌詞よりも優れています。

以下では曲名のみ記載しています。

「水プール」「水プールの世界」「小曲」「アコーディオン演奏の休日」「雨上がりの世界へ」「光の果てへ」「プールプールの歌」など

このように多くの歌で歌われる水たまりですが、1970年代以降徐々に消えていくのは悲しいです。

都市部では、路地への舗装道路となっています。田舎でも水たまりを見つけるのは難しい。

別の日本の風景は失われました。東京の出会い

そこで、砂利とレンガを花壇の間に置き、水たまりが庭にできるように土に置いておきます。だから今日は水たまりがある(写真)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です