微笑みを選んでみた東京の出会い

微笑み返しの向こう側 』

東京の出会いを徹底解説


最近、
ある雑誌の歌謡曲特集に感化され、
「私的・女性アイドル歌謡の10曲」を選んでみた。

東京の出会い
・「愛がはじまる時」(1974)風吹ジュン

幼ごごろに初めてクラッてきた人だったかも(#^.^#)

・「渚のシンドバット」(1977)ピンク・レディー東京の出会い

・「乙女座宮」(1978)山口百恵

・「微笑み返し」(1978)キャンディーズ東京の出会い

ラストシングル。チャートから消えていくのが寂しかった(ノ_<。)

・「オリビアを聴きながら」(1978)杏里

・「異邦人」(1979)久保田早紀

・「さよならの向こう側」(1980)山口百恵

伝説の武道館引退公演でのラストシーンが目に浮かぶ

・「まちぶせ」(1981)石川ひとみ

ユーミン作。元祖ストーカーソング?f(^^

・「風立ちぬ」(1981)松田聖子

・「スローモーション」(1981)中森明菜東京の出会い

以上10曲、
杏里と久保田早紀はアイドルとはいえないけどf(^^;

どれもリアルタイムで聴いて、
今も頭にメロディが流れるような思い出深い曲ばかり。東京の出会い

自分の中では「アイドル」ってこの辺りで終わっていたのかもしれないな。

東京の出会い
悲しいのは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です