東京ではあちこちに出会いが見える

東京のふきかけ覚醒
(東京)
秋には、四谷はただの古い道です
(I橋入帆)
あちこちに耳をかむ秋葉原の時計
(藤田裕子)
目に見えるすべてのものに深く落ちる
(高橋淡路恩納村)
東京 出会い

私に触れた木々と秋の深さ
(中村Re子)

さまざまな人が自分の方法で俳句に答えているように感じます。

どんな答えでも、うなずきや聞きたい季節になります。

東京
(栗林千津)

たとえば、次のフレーズ。
この人はワインが好きだと思います。
満州と栗焼きの若い祖父母

絵所で栗を焼く人に聞いて
伊藤利人と栗のグリ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です