最終的には鶴岡の出会いを引き継ぐ

言葉は木の精霊であり、地球を駆け抜け、そして最終的には空へと昇るでしょう。
鶴岡の出会いが天に登ると、養う水は雨が降っているでしょう、そしてそれはずっと濡れているでしょう。

私は決心しました。

家族経営を引き継ぐのをやめ、
鶴岡の出会いのチャコと娘と一緒に暮らすことでした。

しかしそのために
3家族の生計を立てるために、
私は新しい仕事を見つけなければなりませんでした。

松本市に転職しに行きました、
何にも合わないものは何でも。
鶴岡の出会いの自我はまだやりがいのある仕事です
そんなことを探していました。

(今日帰ります)

仕事をやめて駅へ戻る途中、
私が結婚の機会にあきらめた会社がありました。

(いいえ、できません)

頭に浮かぶことを振り払い、
私は通り過ぎた。
駅への道
私は何も調理できないと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です