東京の出会いの機会がありました

私は最近東京の出会いが感心したのだろうか。

恵比寿でやっている森村泰夫
それは長い間良いことでした。

私が東京の出会いに入学したとき
私は森村泰正の作品を見る機会がありましたが、
東京 出会い

その時、私は肥大したナルシシズムしか考えられませんでした。
でも今、
それは完全に間違っていると言えるでしょう。

要するに、それはこの種のものです。
「東京の出会いですが、それも森村です」
「それは東京の出会いも森村でもない」

それは先にある「何か」への世代交代です。

「何であるか」というものは、「それは何ですか?」としか記述できません。

ゴーストへの世代交代

その外観、画像、
「あなた○○」とす​​る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です